歯の治療にお金が掛かるインプラントしないと駄目?

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが良いと言えます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛さもあるのです。虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが治療後はほっておいていいとは言えません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。インプラント以外の自分の歯と同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

 

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というプロセスをたどります。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

 

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、全身麻酔になることはほとんどありません。ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

 

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが治療の成否に関わる問題です。感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、そこで調べるのも良いでしょう。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることが要因となっています。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。

 

実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

ほぼ全額自費とみるべきです。
もし金属アレルギーの不安があれば遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。